逆指値注文(ストップ注文)

現在の価格よりも安い時に売りで入りたい、高いときに買いで入りたいというときに使うのが逆指値注文です。

少しややこしいですね。

指値注文の逆と考えればいいです。

損失を止めるオーダーに使われるのでストップオーダーストップ注文とも言います。

初心者の場合は新規での逆指値注文よりも決済時の逆指値注文を覚えておきましょう。

逆指値注文の方法

逆指値注文の方法

逆指値注文は今より不利な価格で注文したいときに使う方法です。

ある目標値を抜けたらトレンドが発生することを考えて買いを入れておきたい時に使います。

逆指値注文で決済

逆指値注文で決済

逆指値注文は新規注文よりも決済時の方が分かりやすいと思います。

ここまでの損失でイグジット(決済)しようと決めておくときに使います。

FXでトレードをしていく上で一番大切なのがどこまで損失を許容できるかになります。

この逆指値注文は相場でエントリーしたら必ず入れておいてください。

初心者にオススメのFX会社

トレイダーズ証券[みんなのFX]