FXでポケットWi-Fiは使えるのか?

私が日々安心してFXでトレードできているのはインターネット環境があるからです。自宅に固定モデムを設置してPC環境があるからこそMT4で分析できているという条件がありました。

今回引っ越しをすることになり自宅のインターネット回線を解約することに・・
私の生活はインターネット回線がないと困ることもあり、色々と調べて見つけたポケットWi-Fiを導入することにしました。

FXトレードとポケットWi-Fiについての情報を紹介していきます。

ポケットWi-FiはFXに向いているのか心配

私のトレードスタイルにはMT4が欠かせません。リアルタイムで値動きが反映されないとMT4を使っている意味がないのでトレードには不向きになります。

ポケットWi-Fiでも値動きが瞬時にチャートに反映されるのかが心配です。

結果はポケットWi-FiでもFXトレードは可能

実際に導入してPCでトレードしていますが特に今までと違った感じはありません。私は基本がデイトレードなのでそれよりも短期トレードの方には難しい可能性があります。

いくつかトラブルもあったのでそれは後ほど説明と解決方法を説明したいと思います。

光回線からモバイルルーターへの切り替え

まず光回線のメリットは通信速度と安定したネット環境です。FXでは必須ともいえる条件ですよね。
ポケットWi-FiにもFXのトレードで使うのであれば同じような条件が必要になります。

しかし光回線とは違ってモバイル回線の場合には、携帯端末なので持ち運びが可能な変わりに光回線ほど安定したネット環境ではありません。

今まで通りのトレードをできれば大丈夫なので私はポケットWi-Fiにしました。

光回線とモバイルルーターのメリット・デメリット

固定端末でも持ち運び可能な端末にもメリットとデメリットがあります。比較してみましょう。

光回線のメリット

・速度が安定している
・家族でネット環境をつかうことができる

モバイルルーターのメリット

・持ち運びが可能
・端末が届いてすぐに使用できる
・月額料金が安め

光回線のデメリット

・月額料金が高め
・契約してから使えるまでに時間がかかる(工事が必要)

モバイルルーターのデメリット

・光に比べて速度が遅い
・個人使用向き

モバイルルーターは電波環境が重要

有線の光回線とは違いモバイルルーターは無線になります。
住んでいる環境により電波状況が異なりますので切り替える前に下調べが必要です。

私の住んでる場所は地デジも良く入らない地域なのでその点がとても心配でした。

ネットではWiMAXが人気があるようなので利用したかったのですが、残念ながら私の地域では電波がほとんど立たなかったので断念。

FX向きのモバイルルーター端末

モバイルWi-Fiには持ち運び可能なタイプと据え置きタイプがあります。

WiMAXならUQ WiMAX2+




WiMAXの月額費用は4380円/月で月間データ容量上限なしでたっぷり使えます。注意点は3日間で10GB以上利用時に混雑回避のための速度制限があることです。youtubeなどの動画を長い時間見ても3GB/日にほとんど行かないのでそこま気にしなくても良いと思います。
【WiMAX2+】WiMAXなら家でも外でも使い放題

安定のSoftBank回線を利用しているWi-Fi




3日間で10GBの通信制限がないのが特徴のNEXTmobile。月間容量を超えない限り速度制限がありません。20GB・30GB・50GBと3つのプランが用意されています。50GBプランで3490円/月です。
月間最大50GB使えるWiFi【NEXTmoible】

いつでも解約可能な縛りなしWi-Fi




端末がレンタルなので初期費用がかからない縛りなしWi-Fi。また解約違約金も発生しないので月ごとに解約が可能です。通信制限はありませんが、WiMAXは10G/3日、SoftBankは3G/日を超えると当日の速度制限があります。3300円/月です。端末紛失・故障・水没時には39800円かかるので注意が必要です。
契約期間なし!!月額3300円のポケットWi-Fi

持ち運ばないのであればソフトバンクエアー




自宅のコンセントに繋いですぐに高速Wi-Fiを使えるのがSoftBank Air。持ち運びができない分速度が速いです。3800円/月です。
最大60,000円キャッシュバック【SoftBank Air】

SoftBank回線のWi-Fi

残念ながら私の地域ではWiMAXが繋がりにくい地域だったので、SoftBank回線を使ったWi-Fiにしました。問い合わせた所ソフトバンクの電波が入っていれば使えるという回答をいただけたので一安心です。

もしSoftBank回線も繋がらないのであれば今まで通り固定の光回線を選択しないといけない所でした。引っ越しのたびに工事ってのは困りますし、すぐにインターネットが使えないとトレードができないという不安にかられます。

月にどのぐらいのインターネット容量を使っているか?

今まで私が一か月に使っている容量は100GBを超えていました。

調べ方はPCの設定⇒ネットワークとインターネット⇒データ使用状況でおおよその使用状況を知ることができます。
今までは寝ている時にもyoutubeの音楽を流していたりしたので、そこら辺を改善していけばポケットWi-Fiでも大丈夫でしょう。

私が契約したのは縛りなしワイファイ

短期間で引っ越し先を転々としそうなので今回は光回線からポケットWi-Fiに変更したのですが、引っ越し先が落ち着いたらまた安定の光回線にしようかと考えています。
そのため解約金のかからない縛りなしWiFiを選択しました。

契約はインターネットから申し込み

申し込みは簡単でインターネットですべて済みます。個人情報といつから使いたいかを書き込みます。初月は日割り換算で計算され、クレジットカード決済になります。

HPに掲載されている端末の在庫がないようで変わりの物が届くという通知がありました。
WiMAXとSoftBankの端末は会社側が選択するようですが、私の場合にはWiMAXの電波状況が良くない地域ということをあらかじめ伝えて対応してもらいました。

Wi-Fi端末到着

希望日よりも1日遅れですがポスパケットでWi-Fi端末が到着しました。
縛りなしWi-Fi端末
到着が遅れることがあるみたいなので余裕を持って申し込みをした方がいいと思います。

FXで使うポケットWi-Fi
入っているものはこちらの本体と充電ケーブルの2品のみです。充電するにはPCかACアダプタが必要ですね。私はiPodの充電器があったのでそちらを使いました。
操作はそんなに難しくないのですが、分からない場合にはインターネットで調べると良いと思います。

使ってみての不具合

実際に使ってみての不具合はPCと自動で接続する設定をしているのですが、いきなり接続が切れてしまい繋がらなくなったことです。
対処としては充電ケーブルでPCとつなぐことでインターネットを使える状況になりました。
あとは電源を一度切ると良いようです。

ポケットWi-Fiのあるあるとは思いますが電池が1日持たないというのがあります。私は自宅利用がメインなのですぐに充電することができますが、もし持って外出するときがあったら充電器も忘れずに持参しないといけないですね。

動画などを見ていると重くなると想像していたのですが、今のところそのような不具合は感じなくて使い勝手がいいです。
トレードでも今までと同じように動いてくれています。

FXでも使えるポケットWi-Fi

結果的にポケットWi-Fiにしたことで部屋の配線がスッキリしました。
どのぐらいの容量を使ったかとか端末の充電状況は気にしないといけませんが、そこまで問題ではないです。

せっかくポケットWi-Fiにしたので外出するときにもPCを持参してMT4のチェックが可能になったのは嬉しいですね。
外出先でスマホでチャートをチェックしていた時に比べて楽になりました。
自宅は光回線で外出先ではネクストモバイルの20GBなどを使うのも良いかもしれませんね。

私はデイトレードがメインなのでポケットWi-Fiが使えましたが、一瞬が重要なスキャルピングをする方には光回線の方が向いていると思ます。

◆私が勝てるきっかけになったFX会社◆