FXのコツコツドカン

FXをはじめたての人が陥るのがコツコツドカン!

私はこれにやられてばかりでした・・

コツコツドカン!とは何なのか?

きっと皆さんも経験しているのではないでしょうか?

FXでのコツコツドカンについてです。

FXのコツコツドカン

コツコツドカンとは何か?

FXでいうコツコツドカンとはコツコツと利益を積み上げていたのにドカーンと大きく負けてしまうことを指しています。

コツコツとドカンの2つの分けてトレーダーの心理状態を考えてみましょう。

コツコツと利益積み上げ

FXをしたことのある人であればプラスになっているうちに勝ちを確定したくなる心理って理解できますよね。

逆にマイナスの時にはプラスになれ~!プラスになれ~!と念じプラスに転じた所で微益決済か建値決済をしてしまうのも分かると思います。

そのようにしているとプラスで終われる確率が高めです。

しかし微益で決済しています。

コツコツ貯金のような物ですね。

これがコツコツ利益を残している状態です。

利益を残せているだけでもFXをやる価値がありますよね。

ドカン!と負ける

コツコツ利益を残す方法をやっていてもFXでは必ず思惑通りに動かないことがあります。

経験者であればこの動きはヤバイな!
と判断ができて、たとえマイナスで終わってしまったとしても早めに損切りをすることができます。

しかしFXの経験が浅い人は

もう少し待てばプラス方向に転換するのではないか?
ここで損切りしてコツコツ積み上げた利益を失いたくない!

というような心理が働くのです。

最終的に大きな損失でドカン!と負けてしまいます。

これがコツコツドカンで負けてしまうパターンです。

私のコツコツドカン実経験

実は上に述べたのが私のコツコツドカンの実体験です・・

毎日のようにトレード中はずっとチャートを見ていて、わずかな上下でも見逃すものか!と。。

少しの動きも見逃したくないのでPCの画面の前に張り付いていました。

それまでは負け続けていたので微益でもプラスで終われるこのやり方は大変嬉しいものでした。

ところが、喜びもつかの間で大きな損失が襲ってくるのです。

損切りのタイミングを逃した大きなマイナス。

1度の負けぐらいすぐ取り戻せると思い、気持ちを新たにしてまたコツコツ利益を積み重ねていきます。

しかし、またもや大きな損失。。

勝率だけで考えたらかなり良いのですが、損益で見たら大きな負け。

ずっとパソコンに張り付いていたため目や体の疲労も大きな負けとともに襲いかかってきます。

そしてこのやり方では、体も時間も無駄にしてしまうし利益が残せないと身をもって思い知りました。

◆私が勝てるきっかけになったFX会社◆