レバレッジとは

FXでは取引き会社にお金を証拠金として預け入れます。

そして預けた証拠金の何倍もの金額で取引きをすることが可能です。これをレバレッジといいます。

少ない資本金を元手に大きな金額の取引きをすることができるしくみがFXにはあるのです。

子供の頃に習った、てこの原理って覚えていますか?

大きなものを少ない力で動かすことのできる、あのてこの原理。

レバレッジ(leverage)とは、てこ(lever)を語源に作られた言葉なのです。

FXではレバレッジを使って実際にもっている資金よりも多くの資金で取引きすることができます。

FXレバレッジとは

レバレッジの仕組み

なぜこのような取引きが可能なのか不思議ですよね?

普通の商品を売買する時にはその都度金銭の受け渡しがありお金が動きます。

ところがFXの取引きの場合は取引きで生じた差額分だけを決済する差金決済という方式が取られているのです。

例えば1ドル100円の時に元手が4万円でレバレッジを25倍にして

100万(10000ドル)の取引きをした場合に

1ドルが101円になって決済した時の利益は1万円になります。元金は5万円になりました。

反対に1ドルが99円になってしまった場合には1万円の損失になり、3万円になります。

レバレッジはFXのメリットであるのですが・・

現在の国内の証券会社であればレバレッジの上限は25倍までとレバレッジ規制がされています。

少ない資金で取引きすることができるのでレバレッジはFXの魅力の1つです。

しかし、大きなメリットがあるということはそれなりのデメリットでもあるのを忘れてはいけません。

大きな利益を得ることができる反面、思惑通りにいかなった時には大きな損失になってしまいます。

高レバレッジと低レバレッジ

高レバレッジ
高いレバレッジで取引きをすると損失がどんどん膨らんで怖いイメージを持ってしまう方がいます。

しかし、実際には低レバレッジでも高レバレッジでも損益は同じなのです。

例えば1ドル100円の時に取引きをして101円になったら決済したとします。

元金4万円のレバレッジ25倍で取引きした場合には1万円の利益ができます。先ほどの例と同じですね。

元金100万円のレバレッジ1倍で取引きした場合にも100万円が101万円になったので1万円の利益になります。

レバレッジ25倍でもレバレッジ1倍でも同じ1万円の利益になり損失も同じになります。

ところが元金の差があるので同じ1万円の利益だったとしても100万円からの1万円と4万円での1万円の利益では精神状態がまったく違いますよね?

高レバレッジにすると証拠金率の変動も激しくなりますので慣れるまでは低レバレッジでおこなうようにするといいかもしれません。

◆私が勝てるきっかけになったFX会社◆