ストップロスとは

損切りとは損失を確定させることを言います。

FXでストップロスと言えば損切り注文のことになります。

また逆指値注文とも呼ばれます。

ストップロスを入れておく重要性

FXストップロス

FX相場は自分の予想に反して突然大きく動くことがあります。

保有しているポジションがプラスになるのであればいいのですが、マイナス方面に動いてしまった場合には大きな損失になってしまいますよね?

そこであらかじめこのぐらいの損失であれば許容できるという範囲を決めておくのです。

取返しのつかない損失を回避するためにもFXをするのであれば必ずストップロス注文は入れておきましょう。

利益確定でもストップロス注文を使う

ストップロスは損失を確定させるために使用することがメインですが、利益を確定する時にも使用することができます。

ストップロスとは

例えば買いポジションを保有していて利益が伸びている時に、ストップロスの位置を建値付近に移動してしまい損切りになったとしても利益確定するようにします。

これで相場が戻ってきたとしてもプラスで終われます。

yume-fxではエントリーの時にストップロスを入れておくのが原則なので、ストップロスを移動すると表現しました。

◆私が勝てるきっかけになったFX会社◆
トレードをする時に使うFX会社を変えることで今までとは違った結果を出すことができるようになります。
もう少し資金があったら‥と思うことはありませんか?
私は元手を増やすことは難しかったのでレバレッジを上げることで上手くいくようになりました。
トレード記録でもこのFX会社を使って記録していますので参考にしてみてください。
興味のある方は解説していますのでこちらへどうぞ。